なみき工作室(旧名:namiki design)

一生モノの仕事を探すブログ

ユニクロGU無印があれば生きてける?2017秋

 

こんにちは、namikiです。

 

 

急に寒くなって秋到来って感じですね。

日本って季節がコロコロ変わります。

着るものもコロコロと変えないといけません。

 

 

なんて服が要る国なんだ、日本は!!!!

 

 

 

 

 

季節が変わるたびに服を買ってしまい、クローゼットやタンスがパンパンになった人たちが自己改革するべく、ミニマリストが増殖中。

 

そして、長らく雑誌で当然のように提唱されてきた「着回し」不要説もジワジワと浸透してきました。

 

考えずに着られる、いわゆる「私服の制服化」という考え方です。

 

 

 

たしかに、

 

私のような在宅勤務の主婦とか専業主婦、

土日以外はビジネス服着てる人は、

 

 

 

 

1シーズンに3パターンぐらい完璧コーデ用意しとけば事足りるのでは…??

 

さすがに少ない…?

 

 

 

 

1シーズンざっくり考えて3ヶ月、

週2日のお休みとして私服の日は24日程度。

 

その中にも一日家に引きこもる日や近所に買い物行くだけの日もあると思えば、お洒落コーデの必要な日はもっと少ないはず。

 

同じコーデが連続しないように3パターンを基本として着れば、1パターンにつき最大8回程度の出番。さらに上下をチェンジすれば、もう少しパターンは増やせます。(なるべく同じ人と同じコーデで会わないよう注意)

 

 

 

 

 

そしてアイテム調達先も

 

 

どこにでもあるプチプラブランド、ユニクロ・GU・無印だけでもいけるのではないか…??

 

 

GUとユニクロは、一応トレンドに合わせて毎年出してるっぽいし。あと小物は、すべて黒を揃えておけば…なんか行けそうな気がしてきた。

 

 

 

 そう思い立ち、

 

3ブランドから今期のアイテムをピックアップして3パターンのコーデを作ってみました。

 

それではどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nammnamiki:20171016180433j:plain

 

・ハイネックパフスリーブセーター ネイビー(GU)

・ベロアタイトスカート ダークブラウン(GU)

小物:ベレー帽/小さめのショルダーバッグ/サイドゴアブーツ/ヴィンテージイヤリング

 

 

まずは1パターンめ。

 

どうやらトレンドらしい、ベロア素材のタイトスカートを主役に、春夏から引き続き人気のありそうなパフスリーブのニットで去年との差を。

 

本格的な寒さが来るまでは、タイツではなく生足を出しておくのが今っぽいらしい。しかし正直、女性に冷えは大敵。せめて靴下やブーツで足首ぐらいは守っておきたいところです…。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nammnamiki:20171016180447j:plain

・ファーポケットウールガウンコート(GU)

・エクストラファインコットンストライプシャツ グリーン(ユニクロ

 ・綿ストレッチコーデュロイテーパードボーイフレンドアンクル丈 黒(無印良品

小物:クロコ型押しウォッチ/エナメルおじ靴/ちいさめハンドバッグ/タッセルイヤリング

 

 

2パターンめ。

 

ヒルナンデスの抜き打ちファッションチェックでも植松さんがファーファー言ってるので、このGUのファーポケット付きガウンを主役にしたモノトーンコーデを。

 

ワイドシルエットのガウンと対照的に、細身のパンツでキリッとさせましょう。もちろんワイドパンツでもいいのですが、昨年から変わりばえしない感じになりそうなので今回はスリムにまとめてみました。

 

ガウンでモサっと感が出た分、パンツは足首丈にしたりインナーのシャツは胸元を開けてブラウス的な着方をしたりと、抜け感に気を配るとよさそう。小物でも女度をプラスしてバランスを。カーディガンにシャツのボタンしっかり閉めて着ると、英語の先生みたいになるのでご注意。

 

 

 

 

 

 

f:id:nammnamiki:20171016180458j:plain

 ・首のチクチクをおさえた洗えるタートルネックセーター 黒(無印良品

・ベルト付きワイドチェックパンツ ダークブラウン(GU)

小物:小さめショルダーバッグ/スリッポン

 

 

3パターンめ。

 

今年の秋冬、トレンドアイテムNO.1はなんといってもグレンチェックのボトムスではないかと思います。雰囲気的に。雑誌でもすごい推してるみたいだし、先日立ち寄ったイオンのほとんどのお店に用意されてました。

 

というわけで、ちゃんとGUにも用意されていたベルト付きのチェック柄ワイドパンツを主役に、あとはシンプルにまとめましょう。

 

今季はVネックのカーディガンをボタン全閉じでウエストインして一枚で着るのがトレンドらしいので気が向いたらやってみてもよいと思います…私はやったことないですが。

 

昨年からスポーツミックス人気も続いている感じなので、トラッドに寄りすぎないよう足元はスリッポンで。…いや、普通にローファーでもいいかもしれない…わからない…。

 

 

 

 

というわけで、コーディネートを3ブランドから作ってみました。やってみた感想としては、

 

 

・やっぱりトレンド感だすならGUのアイテム

 

・質は無印ユニクロの方がいいのでシンプルなものはそちらで探す

 

・無印だけでコーデすると「無印さん」になりがち

 

…という感じでしょうか。

 

 

 

 

かくいう私は超コーデ下手なんですけどね…!

こんな無難なコーデを考えただけなのに、いざやってみるとすごく難しかったです。

 

持ってないアイテムで自由にコーデ組んでもこんなに難しいとは…。

 

いつも一点惚れで買い物して、手持ちの中でコーデを考えるなんて……なんてギャンブルをしているのだろうとあらためて反省することができました。

 

今後は計画的にワードローブを追加しなければ。

 

 

 

 

この企画、思ったより難しかったです…。

でもまた冬バージョンもできたら…やりたいですね。

 

ではでは。

 

 

実録!!元気を奪われるヘアサロン

 

こんにちは、namikiです。

 

いつも決まったヘアサロンがあるという方は、幸せ者だと思います。

 

 

結婚で他県へ引っ越した私は、それから四年間もの間、ずっとヘアサロン難民なのです。

 

 

家から通える範囲の、ホットペッパーで見る限りの「良い感じそう」な美容院に片っ端から行くこと、四年。

 

 

いいサロンに当たる打率は、5割5分ぐらい。

 

 

つまり、残りはすべて

ハズレサロンなのです。

 

 

 

 

f:id:nammnamiki:20171014145132j:plain

 

長時間、ヘンな格好の自分と向き合わせながら拘束されたのち、お会計でおよそ一万円を支払い、帰り道にゴルゴみたいな顔して帰る…。なんの罰ゲームかという話です。 

 

 

 

 

  

美容院で払うお金は安くはないです。

しかしサービスへの対価としては、私は決して高いとは思いません。

 

 

ただし、いい気分で帰れれば…の話。

 

 

 

 

 

私は昔から自分に自信がなく、なんの店でも店員さんにそっけなくされようもんなら自分に非があると思っていました。

 

 

服がダサかったから…!?

それか顔になんかついてたから…!??

そもそもの顔が悪いから!??

話題のセレクトが変人だと思われた!???

 

などと、いつも店員さんにまで気を遣っておりました。

 

 

 

 

でも、その考え方は損なのでやめました。

 

 

もし横柄な態度を取ったわけでもないのに店員さんにビミョーな対応をされてそんなふうに思っている人がいたら全力で言いたい。

 

 

あなたが傷つく必要は

まったくないのです。

 

 

 

 

 

お客には店を評価する権利があります。

 


気に入った店にはまた行けばいいし、気に入らなかった店には「もう二度とけえへんわ!!!」と心の中でボロクソに言いながら笑顔で立ち去りましょう。

 

(レビューやネットに書くのは自分の後味が悪くなる上に、店側に無料で改善点を提供することになるので、オススメしません。)

 

 

 

 

f:id:nammnamiki:20171014145159j:plain

そもそも本当は行きたくないんだ、

美容院自体に。

 

 

いろんなサロンに行ってみて、話が弾んでスッキリと帰る日もあれば、もう施術の途中から早く帰りたい早く帰りたい早く帰りたい…と心の中で念仏を唱える日もあり。

 

 

そんな後者の事例をまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

・カラーなのに色見本が出てこない

これは結構あります。そして、だいたいのオーダーで美容師さんがいい感じにしてくれるとこも結構ありますので、必ずしも悪いわけじゃない。

 

しかし、初対面の人となんとなくで話を進めていいんでしょうか。イメージも感覚も、人それぞれです。明るさの段階、色味など、せめて例を見せるとか、もうちょいお客さんの好みを引き出そうとしてもよいのではないでしょうか。

 

全部終わって合わせ鏡で見せられて笑顔で「どうでしょうか」と言われている段階で「全然ちがいますけど?」と言える人はたぶんサイコパスだと思います。

 

珍しい例として、どう見ても数年前の古い雑誌を見せられた時には、なんとも言えぬ不安に襲われました。(そしてその後の会話で、その店はチェーンの本部に不満があり翌月この店を畳んで店長が独立するという裏事情が判明。経営状態が微妙なサロンはそれが端々に垣間見える傾向があります。)

 

 

 

 

・店側の人間関係が透けて見える

髪を乾かすときやカラー材を付けるとき、時間短縮のため両サイド2人体制になる場合が多いです。

 

その2人の関係性がよくないのか、店全体の社員待遇が悪く心が荒んでいるのか?お互いの受け答えの温度から、手元の髪を引っ張る強さから……間に挟まれた客には冷え切った空気が嫌が応にもヒシヒシ伝わってきます。

 

凍りついた沈黙の中、髪をいじくり回されてながら耐える時間の気まずさよ。アーメン。

 

 

f:id:nammnamiki:20171014145220j:plain

 

 

 

・一切、話題を振ってこない

別に「客なんだからこっちからは絶対に話題を提供しないぞ」と決めている高飛車な客ではありません。しかし、一向に会話が始まらない…!!客が話しやすい空気をつくるのもスタイリストさんの仕事ではないかと思うのです。

 

まずは髪の話や天気の話、服装の話でも、初対面でも会話の糸口はなんでもある。まず、お客さんが話しかけられるのが好きかどうかぐらい、探る努力してもいいと思うんです。

 

私はリラックスして楽しくなってくると飼っているハリネズミの話をする癖があるのですが、逆に私からハリネズミの話を引き出せなかったサロンは残念サロンと言えます。

 

美容師さんからまったくコンタクトがなく黙々と作業される場合、私もスッ…と雑誌モードに入ります。

 

無言がツライ…というか、仲良くもない人と至近距離で長時間無言で過ごすのって気まず過ぎる。なんかの苦行か…??

 

長い沈黙のあと、「そういえば…」と美容師さんが口を開いたので反射的に色めき立つと、「言い忘れてましたけどロングはプラス千円になりますがよろしいですか?」だったときの落胆よ。ガッデム。

 

 

 

 

・やたら宣伝してくる

サロンの方針なのか、会話の端々でトリートメントや追加のヘッドスパなどバシバシ推してくるサロンに当たったことがあります。

 

つい小心者で流されそうになり、そのたび必死に失礼でないようお断りする私。親身なアドバイスというスタンスでめげずに勧めてくる美容師。もはや闘い。癒されにサロンに来ているというのに、なんだこの攻防は。

 

一見フレンドリーなぶん、ギャップでだんだんと怖くなってきます。こういうサロンからはその後もフレンドリーな手書きのDMが定期的に届きます。一度しか行っていないというのに。美容師さん、お疲れ様です…。

 

 

 

 

・声掛けがない

スポーツでもなんでも、声掛けは人間同士の潤滑油です。たぶん悪気はないと思うんですが、通りすがりについでに無言でカラー材の状態を見て去って行く美容師さん…一体なんなんでしょうか。いきなりブランケットを膝の上にポンと置いて去って行く美容師さん…あなた優しいのか優しくないのか、もはやナゾです。

 

 

 

 

・技術に不安がある

ドライヤーの手つきがすこぶる荒い、シャンプーの泡がモリモリ耳に入る。もうこれはもう悟りモードに入るしかありません。

 

f:id:nammnamiki:20171014145255j:plain

 

 

 

 

そんな美容師さんたちに言いたい。

 

あなたはなぜ、美容師になりたいと思ったんでしょうか。

 

 

 

お客さんに自分のスタイリングで笑顔になってほしいと夢見て専門学校の門を叩いたのではないでしょうか?

 

 

 

 

たしかに美容師さんのお給料は少ないと聞きます。夢見る美容師の足元を見て、社員待遇の悪いヘアサロンも多いのかもしれません。

 

 

しかし、働くことは生きることです。

初心を忘れないでほしいんです。

 

夢見て努力していたころの

キラキラした自分を…!!

 

 

 

 

と、無理やりいい感じで締めてみました。

 

 

前日でもホットペッパー上で予約が空いてるヘアサロンはハズレ率が高いかもね!

 

それでは。

 

 

生理痛の痛さについて文章にしてみた

 

こんにちは、今まさに生理痛に苦しめられているnamikiでございます。

 

 

世の中の男性の方、思ったことありませんか?

 

「生理痛ってナニ?」

「痛いっつったってなぁ」

「そんなん気合だろ気合!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶんモテないことかとお察しします。

 

 

 

 

生理痛がどれぐらい痛いのかというと、

 

 

 

 

 

 

 

うぐわぁぁああぁぁぁぁ

ちっくしょうぉぉおあああぁぁぁぁくそぉぉぉおおあお

 

 

 

 

 

 

 

文字で表すとこんな感じかなと思います。

 

 

f:id:nammnamiki:20171014144957j:plain

 

 

マジで痛い人は痛いんですよね…。

私がいったい前世なにをしたんだよ!?!?って思っちゃうほどです…。

 

 

ひどいときとラクなとき、波はありますが、ひどいときは立ってても寝てても痛くて、ソファの上でのたうち回ったのちに床でものたうち回るほどです。

 

とてもまともな生活なんて、できやしません。

 

(生理痛の酷さには個人の体質の他に、その時の体調やストレスも関わってくるようです。もちろん痛みのない人もいます。)

 

 

 

 

 

 

そもそも、なんで生理痛があると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹の中で解体工事が行われているからです。

 

 

f:id:nammnamiki:20171014145015j:plain

 

 

 

せっせと作ったけれど今月は用無しだった、子どもを育てるための部屋が、月に一度(本人の都合まったく問答無用で)思いっきし解体されているのです。もうそりゃ遠慮なくズガガガガガ!!!って感じでね。

 

 

 

 

 

 

察しのいいあなたなら、これを聞いたら

「そりゃしんどいわ…おでんでも食べる?」

暖かい声をかけてくださることかと思います。

 

 

 

 

 

 

しかし人間、自分が体感したことないことを本当に理解するのって、正直できないですよね。理解しようとするのには結構なエネルギーが要ります。

 

 

だから理解できなかったとしても、

それもしょうがないのかなと思います。

 

 

 

 

そもそも辛いことって、人それぞれ。

 

だれかにとって平気なことが、だれかにとっては耐えられなかったりします。逆に、ちょっとしたことにも耐えらないような繊細な人が、無意識の言葉でだれかを傷つけたり…。

 

 

 

 

辛そうな人がいたら、生理に限らず相手の立場を思いやってあげるようになりたいもんですね。わからないなりに理解しようとすることが、大事なのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、最後に大事な話を。

 

男性から女性に生理の話をしたりするのはたいがい超絶NGなのでお気をつけくださいね。

 

 

f:id:nammnamiki:20171014145039j:plain

 

 

体調が悪そうな思春期の娘や、部下の女性に、「生理なの?大丈夫?ムリしないでね」なんて言おうもんなら……事件になること必至です。

 

 

 

それがあなたの心からの思いやりからの言葉であっても、悲しいことに、たぶん「セクハラ」として受け取られてしまうことでしょう。

 

 

 

デリケートな部分に無闇に踏み込まないことも、また思いやりです。

 

 

 

 

 

 

…思いやりってむずいな。

 

 

 

 

 

あっ私は人を思いやれるのかって?

 

私は今だれのことも思いやれません。

 

くそぉぉぉおおああ

早く終われええええエエェェェェ

 

 

 

 

 

【おしらせ】STREET PARK MARCKET 出店決定

 

こんにちは。

すっかりごぶさたで、もはや季節は秋。

 

 

 

 

高校時代の友人と話の流れで、ついつい参加することになってしまいました…

 

ひさしぶりの手作りマーケットです😱

 

 

豊田市のマーケットイベント|STREET & PARK MARKET

 

11月の出店に応募してみました。

友人は、コツコツと切り絵作家活動をしているカメタイプ。対して怠け者の私、完全にウサギタイプですわ。

 

 

 

 

イベントは前前から気になっていたオサレな雰囲気のマルシェで、遊びに行ってみたいな〜と思っていたのにそれより先に出店することになるとは。。

 

人生なにが起こるかわかりません。

 

 

ガチの方々が多そうで…正直びびっています。

が、出店することが決まった以上なんらかの商品を並べないと…ただのお金払ったピクニックになってしまいます。。

 

 

 

 

もう今回は高望みはしないとこ。。

マトリョーシカやアクセサリーはやめて、

フラワー系の作品を数つくって…

新しい名刺を用意して…

 

 

 

 

こういうの面倒といえば面倒なのですが()

ちょっとひさしぶりなワクワク感もあります。

 

 

 

 

スマホケースも販売はしませんが、現物を展示しようと思いますのでお近くの方は是非お立ち寄りくださいね〜人見知りのnamikiがお待ちしております。

 

 

 

  • 出店日…2017年11月18日(土)
  • 開催時間…9:00 - 15:00
  • 場所…豊田市城址公園 AOZORAPARK
  • 店名…kokuto and namiki

 

 

一緒に出店するkokutoさんのサイトはこちら

minne BlackPlusさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

instagram  kokuto (@kokuto0) • Instagram photos and videos

 

 

namikiのminneページこちら

namm storeさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

 

 

 

同窓会に行けないやつを笑うな

 

毎日あっちぃですね。

ポンコツデザイナーnammです。

 

このnammっていう名前、

実名を何気なくもじって遥か昔のmixi時代から使ってきたんですが、最近ミサイルの国のあの人っぽいなと思えてきて…もー変えようか。別に愛着あるわけでもないし。

 

 

ところで本日、私の地元で高校時代の同窓会が行われた。今回はちょっとスペシャルなやつで、恩師を主賓として呼ぶというもの。

 

 

 

「なるべくみなさん参加しましょう!」という幹事グループの言葉を尻目に、私の友人達は揃いも揃って

 

「そんな昔の生徒なんて先生おぼえてないでしょ」

「別に会いたい人がいない」

「どうせ子連ればかりで行きたくない」

「同窓会は行かない」

「…欠席で!」

 

などと、行かない派のひねくれものばかり。

(高校時代はみんな、それなりにクラスメイトたちと楽しく接していたのにも関わらず)

 

 

 

というわけで、結局いまのところ一度も同窓会に出ていない私の欠席も確定。

 

今よりも更にビビリで人見知りで、ごくちいさなコミュニティの中でしか生きられなかった高校時代を過ごした私にとっては、当時から親しかった訳でもない元クラスメイト達と自然に接することができるのか想像がつかない。ていうか、正直なんかの試練かと思うぐらい腰が重い。

 

 

友人たちと違って、私は個人的に先生には恩を感じているので罪悪感があるものの…しかしながら悩んでみたところで、私なんかの欠席が誰かに残念がられるとは思えないのだった。

 

 

 

 

 

 

 

そもそも同窓会ってなんなんだろう。

 

 

仲良いメンバー同士でいいなら、別にわざわざ同窓会にしなくっても集まっているはず。

 

もしかしたら、普段交流のない奴にこそ来てほしいのだろうか。

 

今なにしてんだろ?みたいなな好奇心か。それか不特定多数に自分の幸せアピールしたいのか…。

(でもアイツ今なにしてる?って番組おもしろいですよね!)

 

 

 

 

 

今日、同窓会当日の夜。

家でゴロゴロしていた私のスマホグループトークで写真が送りつけられてきた。今日の写真だった。何気なく見た瞬間、衝撃が走った。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなすごいイイ顔しとる…!

 

 

 

みんな高校時代より幾らかカドが取れたような晴れやかな雰囲気で、ごく自然な笑顔を見せている。

 

 

 

 

…。

 

対して同窓会に行かないと答えた友人たちや、こんなブログでくすぶっている私は…?

 

こういうとき、こんないい顔して写真に写ることができるだろうか??

 

 

 

 

 

私たちは、結婚したくてもなかなかできなかったり、子どもがいなかったり、仕事がうまくいっていなかったり…それぞれなんらかの「自分にないもの」を気にしている。

 

そんな自分は確固たる自信が持てないので、同窓会に「行けない」。

 

 

 

 

 

でも、この同窓会に出た元クラスメイト達の表情が表していることは…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと彼らはみんな

自分の人生に満足してるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、それって最強。

 

それは別に、欲しいものをすべて持ってるってことではないんじゃないか。

 

何を持っているとか何が足りないとかじゃない、ただの今の自分というものに満足できているんだなという感じ。

 

 

 

 

 

その差はたぶん心の持ち方ひとつ。

なろうと思えば理論上は今この瞬間から誰もがなれるものだ。理論上は。

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに、ずらっと並んだラインのプロフィールアイコンを見ていると、女の幸せの行き着く先は結婚して子どもを持つことなのかなと思わざるをえない。

 

 

もともと女って、選ばれる性だから。

褒められたい選ばれたいという本能が、くやしいけれど遺伝子レベルで根を張っている。

 

 

女のエリートコースに乗りそびれた者が自分を保つには、すんごい仕事をしてるとか、海外に行ってるとか、モテすぎて結婚する必要がないとか……なにかしら理由が必要だったりするのが現実。

 

 

でも、本当はそんなこと気にしなくてもいいのかもしれない。

 

 

 

 

 

自分が人に勝てるものを何も持っていないとしても、自分が自分を認めていて笑顔でいられること。

 

 

それが本当にいま幸せってことなんじゃないか…??

 

 

 

 

 

幸せだから同窓会に出れるのか?

 

同窓会に出れるような人だから幸せなのか?

 

 

 

 

 

 

 

なんて

 

約15年の時を経て一様に丸くなったクラスメイト達の顔を見て、いろいろと考えてしまった。

 

 

 

 

 

私も幸せになろ。

 

 

 

ありがとうminneお気に入り90人突破

 

こんにちは、

ぽんこつデザイナーnammです。

 

あっついですね。

室内温度が軽く30度を越える中、私はエアコンをケチって暑さを噛みしめながらブログを書いております。ペットのハリネズミは常時エアコンで管理された涼しい部屋にいるからオールオッケーです。

 

 

 

 

 

先日、念願叶って初登録したminneで

スマホケース販売を始めて、はや1週間。

 

namm storeさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

 

 

 

 

 

 

 

…ぜ、ぜんぜん売れない!!

お気に入りすら増えない!!

 

 

 

 

 

 

 

まったく自信がないとはいえ、

 

「そんでも世界のいんだーねっとに載せるんだから、たぐさんの人が見てくれるにちげえねぇ、んだんだ!」と手を震わせながら登録した日から1週間。

 

 

3日たっても、

1週間たっても、

 

お気に入り登録数は1とか2とか。

 

コレ入れてくれたの、たぶん私からの報告でムリヤリ見せられた友達と妹ぐらいじゃないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

わかってましたよ。

minneの壁は高いと。。

 

 

すんごい人がわんさかいる。

手練れの職人がひしめく

血で血を洗う戦場。

 

 

 

 

一見ほんわかしているminneとは、

 

戦闘力高いボスクラスの人たちがウヨウヨいる、魔の巣窟だと…!!

でもそんなかでなんとか隙間をみつけて、こんなポンコツでも生き残れるような道をみつけてみたかったんだい!

 

 

 

 

 

いつまでたってもお気に入りが全然つかない自分のページを毎日チェックしては、「べつに…」などと誰にも聞かれていないのに一人つぶやいたりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週が明けて月曜日。

 

 

まいにち変わりばえしないお気に入り数をチェックすることにも飽きてきた今日、ふとログインしてみると。

 

 

 

minne「おめでとうございます!お気に入り登録数が50人を越えました!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…バグってるわコレ。

 

 

 

 

 

商品が3つしかないギャラリーを

やる気なくチェックしてみると

 

 

ハリネズミ…お気に入り 3件

 

マレーグマ…お気に入り 4件

 

カンガルー…お気に入り 91件

 

 

 

 

「91」

 

 

 

 

 

 

 

何者かが私を陥れようとしている。

そうにちがいない。

 

 

 

 

 

 

 

いや…でもでも…

もしかしたらもしかしたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nammnamiki:20170703140902p:image

 

 

 

 

調べてみたらカンガルー

特集載ってた…!!

 

※あとから気づいたけど会員ページで見ると特集掲載アイコンが付くのですね。

 

 

 

f:id:nammnamiki:20170703141017p:image

minne スマホケース特集

 

 

 

 

 

なんかめっちゃラッキーな気がする。

 

こんなラッキーふだん全然ないから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、お気に入りが増えたというだけで、こんな大げさな記事を書いてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ一個も売れとらんのにね。

 

 

 

 

まだ世界でひとつも売れていない!

私だけとお揃いになるスマホケースはこちら↓

namm storeさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

 

 

 

 

 

 

 

オーダーフラワーリース作りました

 

以前グループで名古屋クリエーターズマーケット(以下クリマ)に出していたとき、プリザーブドフラワーなどの花材を使ったリースを作っていました。

 

そのとき出会ってたくさんお話させてもらったご夫妻がリースを気に入ってくださり「新居の玄関に飾るリースを作ってほしい」と頼んでくれたのです。

 

 

 

頼ってくれて嬉しい半分、

プレッシャー半分…!!

(ものっそい、ビビりなんです)

 

 

 

気に入ってくれるようなものができるか?

でもどんなもの作っても相手方は遠慮して受け取るしかないだろうし申し訳ないなぁ…!!

 

などとついついネガティブになってしまったり、バタバタと慌ただしい日常を過ごすうち………冬のクリマから半年以上経ってしまいました。いつでもいいというのに甘えすぎ…!

 

 

そうして決して半年がかりというわけでなく、最近とりかかって()

できあがったリースがこちら。

 

 

 

f:id:nammnamiki:20170618182437j:image

 

ミモザの色に馴染むオリーブをベースにして、同色系のワイルドな実付きの植物をあしらって甘くない自然な雰囲気に仕上げました。

 

 

オーダーの内容は

 

ミモザのリース

ナチュラルな感じ

・25cm〜30cm程度か、

   難しければ小さくてもよい

 

という感じで予算内で花材をお買い物して作り始めたのですが、そのとき売っているラインナップ内で!予算内で!コーディネート何とかしなきゃいかん!!と、もうお買い物の時からドキドキしていた私は目分量を間違え、30cmのはこの材料の量ではできないと判断してしまったんですね〜…。結果的に全然できたんですけどね。もう作っている時にわかっても後の祭り。

 

20cmリース枠に花材をあしらって、全体で25cm弱サイズのものを作らせていただきました。

 

 

 

でも作った後。

コレ…ちがうんじゃないか…??

ミモザといったらこういうイメージだけど、クリマで奥さんが見ていた黄色い小花のリースみたいな、もうちょい鮮やかな感じをイメージしているんじゃ…???

 

と思ったらどうしても不安になり、余った花材&持っていた同じサイズのリース枠で違うタイプのリースをもうひとつ作りました。

 

 

 

f:id:nammnamiki:20170618183147j:image

 

最初のがちょっと大人ワイルドめで、

こちらがガーリーめという感じですね。 

 

ベースは明るいグリーンのものにし、かすみ草っぽいものや白いナチュラル感のある不思議な植物をさりげなくあしらいました。

 

 

 

ーついに受け渡し当日。

約束した夏クリマの会場で、当日は恐る恐る2つ持っていったのですが…!!

 

 

 

大人ワイルドのほう

気に入ってもらえました…!!

きっと気に入ってなくても喜ばなきゃいけない状況なので気を遣ってもらったのかもしれないですけどね…!

 

 

 

予想はハズレたわけですが、

でもとにかくよかった。 。

 

今回ビビりながらでしたが、喜んでもらいたいと心を込めてリースを作るのっていいな…!

 

自分の結婚式のときブーケトスの代わりに女性ゲスト全員にリースを作って強制プレゼントしたときの気持ちを思い出しました。

おもえば迷惑なことしてんな私…!

 

 

 

 

さっそく玄関に飾ってくれたようで、奥様からお礼のメールで写真をいただきました(^ ^)

 

f:id:nammnamiki:20170618183819j:image

ナチュラルな木目調の素敵な玄関。

 

f:id:nammnamiki:20170618183828j:image

いろいろ撮影してくださった中で本人お気に入りの1枚。

 

 

なんだか嬉しい…!!

作って終わりじゃないんだなぁと実感。

 

 

ビビりすぎて身がもたないのでオーダーはもう受けないことにしますが、今回をきっかけにリース作りはまた続けていこうかなと思いました。

 

 

販売の仕方で問題なのが、リースって長持ちするとはいえ生き物だし、個体差あるし、作りが繊細だから配送むずかしいのでネットで売るの心配なんですよね…!

 

やはり手作りマーケットのような、その場で選んで持ち帰ってもらうかたちがいちばんよさそう。

 

 

 

また近々なにかのマーケットに出るぞ…!と

新たな目標ができました。

余っちゃった花材もあるし…!笑

 

 

 

 

 

クリマで出会ったアクセサリー作家さんに可愛いですねと興奮気味に話しかけたのですが、返ってきたお返事が「私もそう思うんですけどね〜(笑)なんでもっと売れへんねんやろ〜?!」と。

 

なんかその応えが新鮮で刺激的で、、嬉しくなりました。そして、いつも自分の作品を気に入ってあげることができず卑下しまくってしまう自分がいることにもあらためて気づかされました。

 

作った自分が作品を愛している。クリマにはそんなキラキラした純粋な人がたくさんいます。だからこそ、会場全体が楽しい雰囲気で包まれていて活気があふれてます。私もそんなふうに作品を人に届けるようになりたいなぁ、なんて…あらためて思いましたよ。

 

 

ではまた(^ ^)